Top  Events  聴覚障がい青少年国際キャンプ(H.H.キャンプ)

聴覚障がい青少年国際キャンプ(HH国際キャンプ)


 
 

 2016年8月8日から13日の日程で、第36回聴覚障がい青少年国際キャンプ(HH国際キャンプ)は、9年ぶりに大阪YMCAと大阪ワイズメンズクラブの主催で、六甲山YMCAグローバルラーニングセンターをメイン会場として開催されました。海外からは、香港、台北、クアラルンプール(マレーシア)、ミャンマーのYMCAから38名、日本からは24名の聴覚に障がいを持つ青少年が参加しました。

 
 
 
 

 今回のHH国際キャンプの特徴は、キャンパーのOB,OGの有志によるHHリーダー会がHH国際キャンプの企画運営を担ったことです。また、聴覚に障害を持つ16名ものボランティアが関わったこともこれまでにないことでした。

 
 

 プログラムの内容も従来の野外で行うチームビルディングやグループワークに加えて、障がい者が健常者と共に働く会社見学をし、実際に社員として仕事をしている聴覚障がい者の話を聞くプログラムは、キャンパーにとても好評でした。三宮にある神戸市勤労会館のホールにて、2020年の東京パラリンピックで手話によるニュースキャスターに抜擢された早瀬憲太郎氏の基調講演、聴覚障がい者のダンスパフォーマンス集団による「リッスン」という映画の上映会、宮大工の実演、弓道、居合の演武は、すべて聴覚障がい者によるもので、各国のHHキャンパーによるクラフト体験コーナーや民族衣装を着ての伝統舞踊のパフォーマンスは、100名を超える一般参加者を得て、広く外部に開かれたこれまでのHH国際キャンプにも例をみない画期的なものとなりました。